【怖すぎ注意】有名スポット続々。幽霊トンネルや、廃ラブホテル、墓地など神奈川の心霊スポット※閲覧注意【35選】(動画)

神奈川県には多くの心霊スポットが存在しています。とても有名なスポットから知られざるスポットまで、すべてで35ヶ所あります。どこも身の毛がよだつような怖いスポットだらけです。横浜市と都心の心霊スポットも多いのですが、鎌倉市など、歴史的な背景のある心霊スポットもありますので、必見です!動画もあわせてリサーチしておりますので、ぜひ、ご覧ください。中にはかなりショッキングなものもありますので、ご注意ください。
また、この記事は、立ち入り禁止の心霊スポットへの侵入などを助長するものではありませんので、ご注意ください。ただ、一般的に訪れるスポットも多数ありますので、是非、行ってみてください!

おすすめ記事
【40選】これが決定版!!東京にある怖すぎる心霊スポット※閲覧注意
【閲覧注意】絶対行ってはダメ!!千葉県にある超絶怖い心霊スポット【19選】
茨城の心霊スポット24選!ソープランド、精神科病院廃墟など、噂が絶えない有名スポット※閲覧注意




目次

横浜市の心霊スポット

藤塚隧道(横浜市)


藤塚隧道は、地元では幽霊トンネルと呼ばれています。このトンネルは、横浜市から首都高速神奈川1号横羽線経由で約15分の所に存在します。1953年に作られ、今も利用されている現役のトンネルです。ここでは、特別何か事件があったり、事故があったわけではないのに心霊現象が起こるそうです。具体的には「白い服を着た女の子の霊が現れる」「武士の霊や全身火傷を覆った兵士の霊が現れる」と言われています。現在、藤塚隧道は修復工事が行われ綺麗なトンネルになっているそうですが、心霊現象の噂は変わらずあるそうです。

住所〒240-0031 神奈川県横浜市保土ケ谷区藤塚町 横浜新道

打越橋(横浜市)


この橋は、地元では有名な心霊スポットです。打越橋は、関東大震災の復興事業として、建造され、昭和3年8月に竣工しました。この橋で起こる心霊現象は、「橋の下を通過する車に自殺者の霊が飛び降りてくる」「車が橋の下にさしかかると、ハンドルをとられてたり、車が異常をきたす」「自殺者のバラバラになった首や足、腕、耳、目が橋の周りを浮遊している」という恐ろしいものです。ちなみに、打越橋は下の通りとの高低差がかなりあるそうで、それが原因で自殺者が絶えなかったという話もあります。そのため、現在は高いフェンスが設置され、自殺が出来ないようになっています。

住所〒231-0867 神奈川県横浜市中区打越3

横浜外国人墓地(横浜市)


横浜外国人墓地は、元町や横浜中華街に近い繁華街で観光地にあります。この墓地は、全国各地にある外人墓地の中でも格別に歴史が古いと言われています。横浜外国人墓地は、ペリー長官が率いる黒船に乗った軍人を埋葬することから始まったそうです。今では、約40ヵ国、4000人以上のご遺体が眠っているようです。この墓地には、日本で活躍し文明開化に貢献した偉人も眠っています。生麦事件の犠牲者リチャードソンや、旧国鉄の初代技師長モレル、電話技師メーソン、フェリス女学院創立者キダー、日本に漫画を伝えたワーグマン等です。また、この墓地には火葬ではなく、土葬のご遺体もいるそうです。ここで起こる心霊現象は、「黒人の幽霊が墓地の周りで現れる。」「車で通り過ぎるとドカンと車内に異音がする」「白い服を着た女性の幽霊が笑いながらコチラを見つめる」「車のボンネットに無数の手の跡がついている」など様々です。

住所〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町96 横浜外国人墓地資料館
公式サイト横浜外国人墓地,Yokohama Foreign General Cemetery

小机城址市民の森(横浜市)


小机城址は、竹林が美しいことで有名ですが、強力な心霊スポットとしても有名です。小机城は、1400年代に上杉氏により築城されました。その後、太田道灌と戦い、落城しました。そして、廃城となりましたが、戦国時代に北条氏により修復されました。しかし、北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされたことで、再び落城し、そのまま廃城となりました。小机城は、戦があった際に、多くの死者が出ました。そして亡くなった人の血で、谷戸が赤く染まったという話があります。小机城址市民の森には、「猫を抱いた女性の霊」が現れるそうです。この場所は、霊を呼び寄せる霊道のようなところにあるようです。

住所〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町

緑山峠(横浜市)


緑山峠は、TBS緑山スタジオ裏の遊歩道にあります。路線バスや一般車も頻繁に通行していた道路ですが、横浜市都市計画道路真光寺長津田線の開通により旧道となり、現在は閉鎖しています。緑山峠は、カーブが多く交通事故が絶えなかったそうです。スピードに乗ったバイクとガードレースに体が引っかかり、首と身体が切断されるという悲惨な死亡事故があったそうです。緑山峠で有名な話は、当時17歳だった少年がバイク事故で亡くなりました。その少年の親御さんが「最愛の子よ 十七才の青春を ここにて 永遠に 昭和六十三年五月二十一日」と書かれた小さな慰霊碑を置いたと言われています。現在、この慰霊碑は無くなっているそうですが、事故で亡くなった方の霊が現れるそうです。

住所〒227-0036 神奈川県横浜市青葉区奈良町2067

道正トンネル(横浜市)


道正トンネルは、昔、車1台がやっと通れるほどの狭さでした。2000年に新トンネルが出来ています。ちなみにこのトンネルの先には、北部斎場があります。夜にこのトンネルを通ると、「自殺者の霊が浮遊している」「車の窓に手形が付く」「車道の真ん中を人影が歩いている」「男性の呻き声が聞こえる」などの心霊現象が起きるそうです。また、このトンネルの北側出口には、北部斎場に向かうT字路があるのですが、この交差点にはよく女性の幽霊が現れると言われています。

住所神奈川県横浜市緑区長津田町5125

オラガビール工場(鶴見の廃工場)(横浜市)


心霊・廃墟マニアに人気であった廃墟です。1920年(大正9年)に「日英醸造会社」が建設されました。そこでは、カスケードビールというビールを造っていたそうです。1927年(昭和3年)に、膨大な借金が原因となり、寿屋(現在のサントリー)に買収されました。アサヒ、キリン、サクラの各ビール会社に、オラガビールも参入させることになりました。ちなみに、「新カスケードビール」の名前は、当時の首相である田中義一のあだ名「オラが大将」を参考に、「オラガビール」というブランド名に変更してビールを製造していました。1931年(昭和7年)にoragabeer(オラガビール)となりましたが、残念ながら1948年に解散となりました。その後、工場は廃墟となりました。この廃墟では、「三輪車に乗った首の無い女の子の霊」が目撃され、心霊スポットとして有名になりました。現在、工場の廃墟は解体され、コンビニと駐車場になっています。

住所神奈川県横浜市鶴見区元宮2丁目1-70

洋光台のマンション(横浜市)

このマンションは、洋光台駅から徒歩で約15分の所にあります。1991年に建てられた、4階建ての賃貸物件となっています。4という数字が、嫌な雰囲気を倍増させます。洋光台のマンションは、特に事件や事故が起きたわけではないですが、ある心霊現象が起こるそうです。それは、マンション下にある駐車場の壁に何度拭いても、必ず浮かび上がる女性の形のシミがあるというものです。このマンションに肝試しで来た若者達が、女性の形のシミを探していた際に、全員で女性の霊を目撃したという噂もあります。理由は定かではないですが、このマンションに棲み付いてしまった女性の霊の仕業かもしれません。

住所〒235-0041 神奈川県横浜市磯子区栗木3丁目35−21 洋光台マンション

川崎市の心霊スポット

緑ヶ丘霊園(川崎市)


緑ヶ丘霊園は、津田山霊園とも言われています。この霊園では、「さとし君」が有名です。当時、幼稚園児であった「さとし君」が幼稚園の行事で緑ヶ丘霊園に訪れました。しかし、園内にある沼で、溺死してしまったそうです。その後、さとし君を供養する為にさとし君の銅像が建てられました。銅像の台座に書いてある文字を全て読むと死ぬという噂がありました。現在、その台座の文字は消されています。また、肝試しで訪れた若者がさとし君の銅像を破壊し、その後無残な死に方で亡くなったという噂があります。この霊園では、夜になると男児の霊が出たり、唸り声が聞こえたりするそうです。

住所〒213-0033 神奈川県川崎市高津区下作延1241
公式サイト川崎市営霊園(市営墓地)【緑ヶ丘霊園・早野聖地公園】

生田緑地(川崎市)


神奈川県川崎市にある総合公園で、ハイキングコースや美術館まである規模が大きい公園です。そのため、日中には多くの人で賑わっています。しかし、生田緑地は、別名「夜生田」や「裏生田」と呼ばれており、心霊スポットとして有名です。生田緑地では、1971年(昭和46年)11月11日に、「川崎ローム層斜面崩壊実験事故」が起こりました。いわゆる土砂崩れによる事故です。この事故により、亡くなった方は15名、重軽傷者は10名もいました。この公園には、現在「川崎市岡本太郎美術館」が建っています。そして、この美術館の入り口わきには、事故の慰霊碑が建っています。ここで起こる心霊現象は、「慰霊碑近くの草やぶから大量の視線を感じる」「ランニング中に慰霊碑を通りかかった際、イヤホンが壊れる」「岡本太郎美術館に行った恋人がおかしくなる」「6人の幽霊が映る心霊写真が撮れた」「夜には人魂が浮かんでいる」など様々あります。

住所〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1−4

鎌倉市の心霊スポット

腹切りやぐら(鎌倉市)


鎌倉は長く続いた鎌倉幕府が滅亡した地として有名です。この腹切りやぐらは鎌倉幕府と深く関わりがあると言われています。鎌倉幕府を続けた北条氏が戦いに敗れ自決した場所で、約870人もの人が自害したと言われています。しかし、現在も北条一家の遺骨は発見されておらず、調査が続いています。この場所での心霊現象は、「写真にオーブが写る」「ひんやりとした不気味な雰囲気がある」「お供えした水が無くなる」「落武者の霊が現れる」など様々あります。腹切りやぐらは、心霊スポットとして有名ですが、立ち入り禁止の看板があります。参拝目的以外は立ち入ることが出来ないため、遊び半分で肝試しなどは行わないようにしましょう。

住所〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町3丁目11−38

鎌倉霊園(鎌倉市)


鎌倉霊園にある電話ボックスが心霊スポットとして有名です。数十年前に深夜テレビで取り上げられたこともあるようです。ここの霊園はとても広いです。お墓もあるため、よく心霊現象が起こるそうです。1番有名なのは、「白い服を着た長い髪の女性の幽霊」です。具体的な話があり、携帯が圏外になってしまい仕方なくこの電話ボックスで電話をすると、女性の霊が出るというものです。この女性の霊の他にも、「着物姿の女性の霊が出る」「青い服の男性の霊が出る」「写真を撮るとオーブが写る」という噂があります。

住所〒248-0001 神奈川県鎌倉市十二所512
公式サイト鎌倉霊園 公式ホームページ

釈迦堂切通し(鎌倉市)


釈迦堂切通しは、鎌倉時代に造られました。切通しとは、山などを切り開いて造った道のことで、今でいうトンネルのことです。第三代執権北条泰時が、父である義時の菩提を弔うため、近くに釈迦堂(お墓)を建てたことが名前の由来と言われています。釈迦堂切通しの上には、やぐら跡(お墓)があるようです。稲川淳二氏の書籍には、ここで撮影された心霊写真が載っているそうです。2010年に大規模な崩落が起きてしまったため、現在は通行禁止となっています。この周辺には、お墓が多くあるため、心霊写真が撮れてしまったり、心霊現象が起きるのかもしれません。

住所〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町6丁目8−38

横須賀市の心霊スポット

田浦廃村(横須賀市)


田浦廃村は、「ゴーストタウンT」「田浦の廃村」「田浦住宅街」などと呼ばれることがあるそうです。田浦廃村がある場所は、比較的、市街地から近い場所となっています。1997年(平成9年)から「湘南田浦ニュータウン」として、534戸もの住宅開発が行われる予定でした。しかし、その計画は中止され、約20件の家屋が残されました。ちなみに、住宅開発の計画が中止された理由は不明だそうです。この付近には、すでに住んでいた住人がいましたが、立ち退きとなってしまいました。残った家屋の中には、ホラー映画の「呪怨」に出てくる「伽椰子の家」と言われている廃屋があるそうで、そこでは、少女の霊が出るという噂があります。廃墟・心霊マニアに人気ですが、現在は立ち入り禁止になっています。警察官も巡回しており、警備体制が厳重だそうです。

住所神奈川県横須賀市田浦町4丁目

荒崎海岸(横須賀市)


昭和50年代に失恋してしまった、当時17歳の若い男性が投身自殺をしたそうです。彼の遺体は死後推定6日経っており、その顔はグチャグチャになっていたそうです。それ以来、荒崎海岸では、若い男性の声が聞こえるようになったという噂があります。ホラー映画リングの続編である、「リング2」の撮影時に、若い男性の声で「りかこ」という、女性の名前を呼ぶ声が入ってしまい、話題となりました。音声スタッフによると、マイクは海側に向いていたそうで、声は海の方からしない限り、マイクに声が入ることないそうです。他にも、人のささやき声が聞こえることがあるそうで、夜になると地元の人はこの海岸に近づくことを避けているほど、恐ろしい心霊スポットです。

住所 〒238-0316 神奈川県横須賀市長井6丁目5320−3
公式サイト荒崎公園 | 横須賀市観光情報

観音崎公園(横須賀市)


観音崎公園は、自然と触れ合える公園です。しかし、昔この地は軍事施設として、利用されていました。また、観音崎一帯では、砲台が多く作られていました。砲台は、文化9年(1812年)に海防のために作られました。その後明治14年に要塞となり、昭和20年(1945年)8月15日の終戦まで管理されていました。昭和16年(1941年)12月8日に大東亜戦争が始まってから昭和20年8月15日の終戦まで、多くの命が観音崎から見える海に消えたそうです。また、2500隻をこえる船も海の底に沈んだと言われています。公園内の公衆トイレに女性の幽霊が現れたり、水難者の霊が現れたりするそうです。

住所〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1262
公式サイト観音崎公園【公式】

ローソン横須賀林5丁目跡地(横須賀市)

この住所は、呪われていると言われています。かつて、この場所にはマンション建設計画がされていました。実際に、計画通り工事が始まりましたが、次々と怪奇的な事件が起こったそうです。そして、悲しいことに建設会社は倒産し、マンションの建設は途中で中止されました。そして、そのマンションは解体され、更地となりました。その後、この更地にはローソンが建ったのですが、真夜中にここのトイレに入ると、幽霊を目撃するという噂が広がったそうです。現在、ローソンは閉店し、看板が外された状態で建物のみが残っているそうです。さらに、この場所には噂があります。国道の向こう側にある自衛隊敷地内には沼があるのですが、ここで訓練してた自衛隊員が大量遭難したそうです。また、この国道ではバスの火災事故があり、19人が焼死したと言われています。本当に、この住所は呪われているのかもしれません。

住所 〒238-0315 神奈川県横須賀市林5丁目10

相模原市の心霊スポット

せどむら坂(相模原市)


せどむら坂は、集落の地名から名付けられた坂です。1984年(昭和59年)に7歳の女の子が誘拐され、殺害されるという「幼女誘拐殺人事件」が発生しました。そして、このせどむら坂で、7歳の女の子の死体が発見されたそうです。このような悲しい事件が起こったにもかかわらず、犯人は逮捕される事なく時効を迎え、未解決事件になったそうです。この事件が関係しているのか分かりませんが、雨の日の夜に、この坂を通ると、女の子の悲し気な声が聞こえてくるそうです。また、せどむら坂の上に在るJR相模線の「大沢踏切」では、ライトで女の子の影が映し出されるという心霊現象が起きているそうです。

住所〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝4丁目22

ホテルサンヒルズ相模湖(相模原市)


このホテルは、1980年代半ばに開業しました。地上5階、地下2階のリゾートホテルでした。1994年頃、経営不振により廃業となりました。その後火災が原因で、2007年に解体され、地下の駐車場部分だけが残っています。このホテルのオーナーが自殺したという噂があります。2011年に公売に出され、若手芸術家のための工房に改装されました。そして、2012年から「アトリエアパート」として貸出しを始めました。2018年、入り口に「サンヒルズ・ヴィレッジ2」の看板が設置され、地上部分には小屋状の建物があり、地下はアトリエとして使用されています。心霊現象として、「自殺したオーナーの霊が出る」「窓から白い服を着た女性の霊が出る」と言われています。

住所神奈川県相模原市緑区小渕

三井大橋(相模原市)


三井大橋は、複数の集落が水底に沈んでいる人造湖「津久井湖」のほぼ中央にかかっています。そして、この橋は自殺の名所と言われています。また、津久井湖では入水自殺を行う人々も続発しているそうです。心霊現象としては、「湖畔を漂う火の玉」や「水面から伸びる複数の手」「女性の霊」等です。特に、女性の霊の目撃情報が多いそうです。この霊は、なぜか車に乗りたがるそうで、乗せたはいいものの、知らない間に姿を消してしまうという噂があります。このような話は、タクシーの怪談でよくありますが、違う点は、車を停めて乗ってくるわけではなく、知らない間に車に乗ってきて、しばらくして突然姿を消すという点です。

住所神奈川県相模原市緑区
公式サイト三井大橋 | 公益社団法人 相模原市観光協会ホームページ | いい~さがみはら

虹の大橋(相模原市)


虹の大橋は、高さが100mもあります。また、この橋は、「かながわの橋100選」にも選ばれるほど、橋から見える景色が綺麗だそうです。地元では「相模原のレインボーブリッジ」と呼ばれるほどです。一方、この橋は、自殺の名所としても有名だそうです。実際に、2018年に無数の無人の車と警察車両があったことから、集団自殺があったのでは?という噂が瞬く間に広がりました。結論、集団自殺ではなかったそうですが、飛び降り自殺があったようです。これが原因か定かではありませんが、この橋の両端には、自殺予防のためフェンスが設置されています。このフェンスには、破られた形跡があり、フェンスを破ってまでも自殺を図る人がいるのでは?という噂もあります。この橋で、写真を撮ると「この世のものでは無い何かが映り込む」そうです。また、「背中を誰かに押される」「誰もいないのに声が聞こえる」など心霊現象が多発しているそうです。

住所神奈川県相模原市緑区鳥屋
公式サイト虹の大橋 | 公益社団法人 相模原市観光協会ホームページ

厚木市の心霊スポット

山の神トンネル(厚木市)


山の神トンネルは、神奈川県厚木市の市街地から離れた山間にあります。このトンネルは、全国的にも有名な心霊スポットの一つで、メディアにも、何度も取り上げられています。山の神トンネルは、心霊スポットマニアの間で「化けトン」「バケトン」と呼ばれています。このトンネルへ行くには注意が必要です。途中までは車で行けますが、その後は徒歩で行く必要があります。理由は、このトンネル付近は、ハイキングコースになっているからです。山を登っていったハイキングコースの途中に、このトンネルが存在しています。山の神トンネルには、過去に事件や事故が起きたと噂されています。1つは、建設事故です。この事故により、作業員1名が亡くなったと言われています。2つめは、神隠し事件です。この付近ではいくつかの人の神隠し事件が起きているそうです。3つめは、殺人事件です。近くにある公衆トイレに女性が拉致され殺人事件があったと言われています。山の神トンネルには、「作業服を着た霊」や「女性の霊」の目撃情報があります。

住所〒243-0121 神奈川県厚木市七沢

厚木恵心病院跡(厚木市)


厚木恵心病院は、廃病院の中でも規模が大きいため、人気の心霊スポットとなっています。1995年に「厚木恵心病院」として開院しましたが、1997年に休業し、そのまま閉院して廃墟となりました。この病院の8階で院長が焼身自殺をしたため、院長の霊が出るという噂や、手術の医療ミスにより亡くなった患者の霊が出るという噂や、手術室からは「痛い、痛い・・・」という声やうめき声が聞こえてくるという話があります。また、屋上から飛び降り自殺をした女子高生の霊が、入院してたと言われている4階の病室の窓に立っているという噂もあります。2009年には、1階部分でボヤ騒ぎがあり病院の一部が燃えてしまいました。そして、2011年2月に解体されています。

住所〒243-0803 神奈川県厚木市山際533

逗子市の心霊スポット

久木踏切(逗子市)


この踏切の近くには、電車に轢かれて命を落とした人々のための供養塔があります。大正4年頃に、事故により多くの人々が亡くなっています。また、平成4年には、不思議な事故が起きています。逗子発鎌倉行きの回送電車が何かにぶつかった衝撃音で急停車したそうです。その電車に乗っていた車掌達は、すぐに電車を降り、周辺を調べましたが、異常は何も見つかりませんでした。しかし、運転手が「白い服を着た女が線路を横切るを見た」と主張したそうです。このような事件が起こったのは、一度だけではなく複数回起きたと言われています。

住所〒249-0001 神奈川県逗子市久木4丁目 県道205号線

名越切通し(逗子市)


鎌倉時代に、鎌倉と三浦半島を結ぶため、尾根を切り開いた街道があります。この、険しい山道は名越切通しと呼ばれています。ここは、当時から重要な交通路であり、その険しさは南部の敵から鎌倉を防衛する目的もあったと言われています。名越切通しには、曼陀羅堂やぐら群という国指定史跡で崖に掘られた、武士のお墓が多数あります。名越切通し周辺は、心霊スポットが多く集まっています。「小坪トンネル」や「久木踏切」などです。心霊スポットが多くあることから、心霊現象が起こりやすいのかも知れません。「武士の霊が現れる」「後ろから誰かが付いてくるような足音が聞こえる」など様々な噂があります。

住所〒249-0008 神奈川県逗子市小坪

小坪トンネル(逗子市)


小坪トンネルは、交通量のある日常的に使用されているトンネルです。小坪トンネルは、逗子隧道、名越隧道、新小坪隧道、新逗子隧道、新名越隧道の合計6つのトンネルの総称で、本来の名前は小坪隧道です。ちなみに、小坪トンネルは、歴史的なトンネルということで、県指定文化財に指定されています。このトンネルでは、様々な幽霊の目撃情報や不可解な事故が多いです。「霊がボンネットに落ちてくる」「女性の霊が手を挙げて立っており車を停めると乗り込んできた」「いつのまにか後部座席に知らない人が座っていた」などです。出没した霊を避けるように走ると事故を起こしてしまうという二次被害の噂もあります。実は、小坪トンネルの上には、火葬場があります。これも、心霊現象が起こる原因の一つかもしれません。

住所神奈川県の県道311号線、逗子市小坪7丁目付近

曼陀羅(まんだら)堂跡(逗子市)


曼陀羅堂跡は、鎌倉時代に作られました。武士などの上流階級のお墓が集まる場所となっています。鎌倉幕府があった時代に、全国から各地の武将が集結したことで、鎌倉は過密状態になったそうです。その対策として幕府は、少ない平地を有効活用するため、平地にお墓を作ることを禁じました。その代わりに、お墓は傾斜地に建てられるようになったそうです。有名な心霊スポットである、「小坪トンネル」が近くにあるそうです。現在、曼陀羅堂跡は閉鎖されており、入口は有刺鉄線や鎖で厳重に封鎖されています。曼陀羅堂跡では、昔に戦死した武士の霊が現れるそうです。また、曼陀羅堂跡に行くまでの道中にある強固なフェンスに囲まれた井戸では、昔子供が転落死したと言われています。そのため、この付近では子供の霊の目撃情報があります。

住所〒249-0008 神奈川県逗子市小坪7丁目 国史跡名越切通内
公式サイト令和4年度 まんだら堂やぐら群限定公開

ホテルすかいらぶ(伊勢原市)


ホテルすかいらぶは、噂によると殺人事件によって客足が減ってしまったため、廃業へ追い込まれたと言われています。廃業後の、2017年1月3日の午後11時45分頃に、ホテルすかいらぶの木造平屋が全焼する火事がありました。神奈川の警察によると、この火事による死者や怪我人はいなかったそうです。しかし、ホテルの廃屋一棟、約180平方メートルが全焼してしまったそうです。ここで起こる心霊現象は、「白い服を着た女性が正面の廊下に立っている」「カメラで撮っていたら唸り声が聞こえた」「体が痺れて重くなり、さみしいと連呼しはじめ、自然に涙があふれだした」などです。噂の殺人事件と関係しているのかもしれません。このホテルは心霊スポットして有名ですが、近所の方は迷惑行為で困っているそうです。落書きや、車のエンジン音、ゴミの不法投棄などです。これらはしないようにしましょう。

住所神奈川県伊勢原市善波

しとどの巌(足柄下郡)


しとどの巌は、1180年の「石橋山の合戦」に敗れた源頼朝が安房に逃れる際に、一時的に身を隠したと言われている山中の洞窟です。日本の歴史にも深く関わるスポットなので、観光スポットとしても有名です。元々、現在の形状だったわけではなく、自然の影響や震災などの影響を受け、長い年月をかけて形状が大きく変化したと言われています。ししどの巌の中には、多くの地蔵が立ち並んでいます。噂によると、「首なし地蔵を三つ見つけてしまうと死期が近い」と言われています。また、地蔵の中には、ものすごい形相で睨みつけるものがあるそうで、源頼朝の霊が付いているという噂もあります。他にも、首なし地蔵の前に、女性の霊が現れるという話もあります。

住所〒259-0313 神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋
公式サイトしとどの窟 | 観光スポット | 湯河原温泉 公式観光サイト

大庭城址公園(藤沢市)

大庭城址公園は、その名の通り、大庭城跡を利用して造られました。神奈川県の花の名所であり、園内の広さは12.6ヘクタールと広い公園となっています。大庭城は、15世紀に江戸城を築城した名手、扇谷上杉氏の家臣である太田道灌により築城されました。しかし、その後北条早雲によって落城しました。そして、鎌倉市に「玉縄城」が築城されたことをきっかけに、大庭城の利用価値がなくなり廃城となったそうです。この公園で目撃されているのは「足だけの霊」です。もしも、この足だけの霊を見てしまうと、災いが起こると言われているため、訪れるのを躊躇う人もいるようです。また、噂ですが、この土地で殺人事件が起こったとも言われています。

住所〒251-0861 神奈川県藤沢市大庭5230
公式サイト大庭城址公園の紹介|藤沢市

湘南銀河大橋(平塚市)


湘南銀河大橋は、相模川にかかる橋で、馬入橋や神川橋の渋滞の改善のために造られた橋です。ちなみにこの橋は、全日本建設技術協会主催の全建賞を受賞している素晴らしい橋です。湘南銀河大橋では、交通事故が非常に多いと言われています。この橋を通っていると目の前に人影が横切るという噂があります。横切るだけではなく、その横切った人影の霊と思われる者が、交通事故を誘発させてくるそうです。他にも、この橋が出来る前から、「黒い人影が出る」という噂があったり、「後ろから肩を叩かれたが振り返ったら誰も居ない」「金縛りに遭い、そのまま交通事故に繋がった」という恐ろしい話があります。

住所〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮
公式サイト湘南銀河大橋 | 観光スポット | 湘南ひらつかナビ|平塚市観光協会 平塚観光情報サイト




オチョバンバの供養塔(茅ヶ崎市)


オチョバンバの供養塔は、某精機工場の裏手にあります。この地には、昔「お千代」と言う名の老婆がいたそうですが、疫病により亡くなってしまったそうです。民話資料によると、お千代さんは、了覚寺の敷地にあったお堂に住み、堂守りをしていたそうです。そして、周囲の人から「オチヨばんば」と呼ばれていました。お堂を守り続け、年齢は100歳になりました。そして、この地に葬ってほしいと遺言を残したそうです。お千代さんが亡くなった後に、高橋文右エ門が代表者となり供養塔を建てたという話があります。昔、子供がこの供養塔に触れたところ、マラリア系の病気に感染し、亡くなったことがきっかけで「祟りの慰霊碑」と呼ばれています。

住所〒253-0084 神奈川県茅ヶ崎市円蔵277

旧善波トンネル(伊勢原市)


このトンネルは、「もう死なないで準一」という看板で有名になった心霊スポットです。神奈川県伊勢崎市と秦野市との間にある存在しています。旧善波トンネルと言われていますが、現在、新トンネルと共に利用されています。不思議ですが、心霊現象が起こると言われるのは旧善波トンネルだけだそうです。1965年(昭和40年)9月2日に、当時秦野市に住んでいた17際の少年「準一くん」が善波峠をバイクで走行中にカーブを曲がり切れず、対向車のトラックに正面衝突をしてしまい、亡くなりました。そのため、旧善波トンネルがある善波峠は、別名「準一君道路」と呼ばれています。このトンネルでは、「10代くらいの男性の霊が出る」と言われています。この場所では、元々交通事故が多かったそうです。「もう死なないで準一」という看板が設置された理由はいくつかあり、「準一くんの供養のため」「交通事故防止のため」と言われています。現在、この看板は老朽化のため撤去されていますが、この看板設置後は交通事故が減ったそうです。

住所〒259-1106 神奈川県伊勢原市善波1455

城ヶ島砲台(三浦市)


城ヶ島砲台は、三崎奉行安部次郎兵衛が烽火台を設置したのが起源と言われています。1923年に発生した関東大震災により、灯台は倒壊してしまいましたが、1925年に現在の灯台が建てられました。現在城ヶ島砲台は、城ヶ島公園の下に眠っています。この場所は、戦艦安芸の砲塔2基が設置された要塞でしたが、その後廃墟となりましま。そして、その後に公園ができ、砲台跡が花壇となっています。心霊現象としては、「和装姿の霊」や「女性の霊」が目撃されています。また、心霊写真が撮れると言われています。現在地下施設は管理されており、無断で入ることはできませんが、許可を得れば入ることができます。

住所〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島

小田原十仁病院(獣人病院)(小田原市)


獣人病院は、小田原十仁病院のことです。開院時期は分からないですが、1970年代には、この病院の存在が確認できているそうです。閉院時期も不明ですが、2008年頃には廃墟となっていると言われています。ちなみに、十仁病院は、1938年に新橋駅銀座口で開院された、美容整形の先駆けとして知られる病院だそうです。噂ですが、整形手術に失敗した女性が、病院裏の山林で首を吊ったという話があります。現在、獣人病院は、廃墟となっており、病院内には古い医療器具などが散乱しているそうです。廃墟ではありますが、現在も管理されているため、勝手に入ると不法侵入となります。いたずら心で、侵入するのはやめましょう。

住所神奈川県小田原市城山3丁目



稲川淳二の秘蔵心霊写真 (リイド文庫)

秘蔵の心霊写真コレクションを大公開! 恐い話で有名なタレント、稲川淳二が心霊写真を大解剖。秘蔵の心霊写真コレクションの中からこれは!という写真ばかりを厳選し、大公開。独特の語りで展開する ホラーワールド!!…




家賃の安い部屋 心霊写真BOOK

「家賃の安い部屋」のお時間がやって参りました――。YouTubeチャンネル登録者数20万人!番組に寄せられた心霊写真・映像を紹介する大人気ホラーエンタテイメント番組が待望の…




写真のボーダーランド: X線・心霊写真・念写

流体写真・心霊写真・妖精写真・ダウジング・念写――「見えない世界」への期待と疑惑を抱きながら、私たちは写真に見入ってしまう。写真と現実、科学と疑似科学の境界を示す80点以上の写真とエピソードをもとに、その不気味…




心霊写真は語る (写真叢書)

複製技術の向上で容易に「作成」できると知られているにもかかわらず、私たちを惹き付ける心霊写真―。時代に鬱屈した無意識の心性を投影する「鏡」としての心霊写真に、社会学や心理学、文学、現代風俗研究、口承文芸研究など…




【完全ガイドシリーズ356】日本全国 最恐心霊スポット完全ガイド (100%ムックシリーズ)

心霊スポット&事故物件行っても、住んでもヤバい最恐情報が満載!日本には、決して立ち入ってはいけないヤバイ場所があ…




シンスポ 心霊スポット写真集

写真で辿る日本全国心霊スポット。コヘイ監修 釣崎清隆、村田らむ他参加。…

フォローして最新情報をチェックしよう!